« 合同稽古の日 | トップページ | 登録証 »

保定のポイント

処置をする時など、保定が必要な場合は、

保定者はゆっくり呼吸していてください。

「息を止めている」ことが、緊張感となり、

保定をされる動物さんの緊張を増大させてしまいます。

今日は、なんだか私が緊張してしまいました反省。

|

« 合同稽古の日 | トップページ | 登録証 »

トリミング わんポイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保定のポイント:

« 合同稽古の日 | トップページ | 登録証 »