トリミング わんポイント

保定のポイント

処置をする時など、保定が必要な場合は、

保定者はゆっくり呼吸していてください。

「息を止めている」ことが、緊張感となり、

保定をされる動物さんの緊張を増大させてしまいます。

今日は、なんだか私が緊張してしまいましたdespair反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良い関係作り

犬も人も、関係作りは大切ですね。
トリマーとして、これから出会うワンちゃんたちと、
良い関係を築けるように
お仕事をしていきましょう。
もちろん、飼い主さんともね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクロバブルレポート その2

今回は、我が家のプードルをモデルに

マイクロバブルバスタイムspa

前回のように、シャンプーは少なめで、いつもは2度洗いしますが、今回は1度だけ。

すすぎも、泡切れがいいので早く済みます。

081125_200202 そして・・・かけ流し入浴。

初めての経験なので驚いたらしくて、

ビックリ顔になっていましたが、しばらくすると落ち着いていました。081125_201901

毛のきしみ感もなく、自然な洗いあがりです。

乾かしながら、お肌のチェック。

いつもより、綺麗なピンク色をしていましたshine

被毛も、少ないシャンプーだったのにもかかわらず、汚れがしっかり落ちています。

白くて、ふわふわnote

最近、お肌の部分的なべたつきが気になっているので、

改善してくれるといいな、と思っております。081125_215101_2

綺麗になったところで、記念撮影しましたcamerashine

モデルさん、お疲れ様でしたheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクロバブルバスの使用感レポート

本日、初めて仕事場でシャンプーをしました。

先日購入した、マイクロバブル発生機「MINI BUB」も

初めての使用happy01

http://www.wrs.co.jp/mini-bub/index.htm

我が家のダックスが、ちょうどシャンプーの頃なので、

モデルになっていただきました。081118_193401

081118_193801 こちらが、今日初使用のドッグバス(SIGITA商会様)です。

まだ、周りの青い傷防止フィルムも剥がしていない状態。

中には、お湯が張れるように、ボックスを置きました。

「MINI BUB」は、シャワーホースと一体型なので、コンパクトなので、

狭い私の仕事場でも、無理なく使用できます。

ドッグバスは、高さ90cmのものです。身長165cmの私に合わせて選びました。

おかげで、シャンプーが楽になりました。

081118_194501_3 ボックスの中で、まずはお湯で体を濡らしますが、

いつもよりも、被毛にお湯がなじむのが早い感じがしました。

シャンプー液も、いつもより少ない量で試してみました。

充分な効果があります。

すすぎも短時間。シャンプー液の量が少ないから、というのではないのは、

経験上の感触でわかります。すごいflair

ドライヤーでブローして、お顔の毛をハサミで整えて、今日は終了~

081118_201501 お疲れ様でしたshine

乾いた被毛の感触も、良い感じです。

これなら、お客様のワンちゃんに自信をもってオススメできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爪切り

お客様のワンちゃんをトリミングする際には、

全部のお爪を切りますが、(私の場合は、切らなくても良い爪は切らない事もあります)

ご自宅で、ワンちゃんの爪切りをする場合、

4本の手足全部いっぺんに切らなくても、良いんじゃないかと思われます。

飼い主さん、ワンちゃんの負担が1番少ないと思われる方法を選んでいただいてください。

お散歩の前、ご飯の前に、足の先まで触る習慣をつけるのもオススメです。

爪切りは、ガマンはしてくれますが、

なかなか好きにはなってもらえない作業の1つです。

我が家の犬達も、爪切り嫌いですdespair

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チャームポイントは?

飼い主さんのお好みに応えつつ、

そのワンちゃんのチャームポイントを、さらに引き出してあげましょう。

トリミング前に、飼い主さんに「こうしてみては?」とアドバイス出来ればベストではないでしょうか?

ただし、先にお客様のオーダーを伺ってから。

すでに、ご希望のスタイルが決まっているようなら、

まずはそのご要望、ご期待に沿ったタイルを表現してあげるべきですねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーキーのカットについて

自分のブログを眺めていて、

このブログが

「ヨーキー カットスタイル」という

検索フレーズにHITすることを知り、少々慌てました。

「ヨーキーの性格  陽気」

これがいきなり出てきたら、

真面目に検索していた方はきっと脱力しただろうなー・・・coldsweats01

という訳で、

「ヨーキーのカット時のポイント」を真面目にご紹介。

カットスタイルは、たくさんの有名な方が紹介されていますし、

似合うスタイルや、お好みもあるので

ここでは、別視点から。

ヨーキーのカットをする時の注意点は、「被毛の扱い」だと、

私的には考えています。

シャンプー後のヨーキーちゃんの被毛は、できる限り触らない事。

ヨーキーの被毛はシルクのように軽く、繊細なので

手の脂や汗がつくと綺麗な仕上がりにしづらくなります。

サラサラになって気持ちいいheartとナデナデするのは、

お迎えにいらした飼い主さんの役割です。

もし、カットするのが別の人の担当なら、ヨーキーに限らず哀しくなるか激怒されます。

トリミングを愛している人にとっては、当然の心理ですね。

コームで被毛を立たせるときは、原則「毛の生えている向き」に揃える程度にしたほうが、

そろいやすくなります。

プードルのような被毛の開立(あ!お勉強っぽい)は求めないほうがいいですね。

仕上げにはスキバサミを使うと、自然に仕上がります。

仕上げ鋏でももちろんOKですが、ヨーキーは陽気なコが多いので、

カット中に踊ってくれるワンちゃんには、安全性も考えてスキバサミ使用をオススメします。

こんな感じで、いかがでしょうかwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子犬ちゃんのシャンプー

happy01今日は、子犬ちゃんをお手入れに慣らすためのお話をしましょう。

モデルさんは、こちら

0915_2 生後4ヶ月のチワワ「まろ君」です。

(拍手)

子犬ちゃんにとっては、いろんな刺激が初体験ですので、

それに慣らしてあげましょう。

嫌がっても叱ったりしないでくださいね。

かといって、お手入れをやめてしまうと「嫌がればしなくて済む」と学習する事もあります。

まずは、お手入れをする人が緊張しすぎないこと。いつもと違う飼い主さんに、子犬ちゃんが不審感を抱きます。言葉かけもいつもどおり、ゆっくり優しく。

途中で嫌がっても、深呼吸しつつ落ち着く瞬間を待ちましょう。

次に「短時間」で、済ませてあげること。子犬ちゃんは体力もガマンも長続きしません。疲れないうち、飽きないうちに終わらせましょう。

怖がるものは、「少しずつ」慣らしてあげること。シャワーの音は意外と怖いので、最初は洗面器に張ったぬるま湯を少しずつかけたり、水流を弱くしてみたりすることで、緩和できます。ドライヤーも、始めは遠くでスイッチON に。その間に、充分にタオルドライしてあげましょう。

ちょっとしたポイントですが、飼い主さんや新人トリマーさんが忘れがちな所ですね。

お家でシャンプーしたい方に、お伝えしてみては?

今日のモデル、「まろ君」は、とってもおりこうさん。ありがとうございましたheart04

(拍手)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうして嫌なの?

トリミング中に、嫌がるワンちゃんも中にはいます。

イライラして叱る前に、ちょっと待ってpaper

どうして嫌なのか、考えてあげましょう。

その場所が痛いから?

立っているのが辛いから?

その場所にハサミがくるのが怖いから?

前に、トリミングで怖い思いをしちゃったの?

それとも、ワガママちゃん?

緩和してあげられる方法を見つける事で、

ワンちゃんとの距離も近くなるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーム

コームは、半分より下のほうを指先で軽く持って

使用するのが基本ですよ。

握り締めていませんか?

毛玉をコームに引っ掛けて、グイッと引っ張ったりしていませんか?

コームは、もつれがないか確認するのと、

カットの時に被毛を整えるのが役割でしたね。

小学校の頃、鉛筆を持って揺らしながら

「ほーら、鉛筆が曲がってるぅ~」って

やったのを思い出して、(え?やってないの?)

コームも軽ーく扱いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)